タイトリスト917D 試打評価

↑↑当サイトオリジナル特典付↑↑

タイトリスト917ドライバー

タイトリスト917D発売日

タイトリスト917Dが6月23日開幕のアメリカ男子ツアー
「クイッケンローンズ・ナショナル」でお披露目され
すでにアメリカの契約選手には
プロトタイプが用意されており
テストが始まっています。

 

発売日は、2016年10月21日です。

 

これまでのシリーズは、アメリカで発売されて
1〜2か月後に日本でも発売という形でしたが
917は同時発売になりました。

 

タイトリスト917の変更点

915から917になって最も大きな変更点は、
「スーパーフィットCG」と言われる
ソールにはめ込まれている棒状のウエイトが配置されたことでしょう。
このウエイトを入れ替えることで重心距離を変えることが出来て
球筋を変えることが出来ます。
つかまりやすさや飛距離性能も変わってきます。

 

あと、ヘッド後方のお尻が丸みを帯びています。
今平周吾プロは、構えやすく、テークバックしやすい、
と仰っています。

 

タイトリスト917 最安値

タイトリスト917の最安値を調べました。
9月29日現在、円高が進んでいることもあり
アメリカのショップから通販で購入するのが
最も安いです↓↓

タイトリスト917 USモデルの詳細はこちら

送料は無料ですし、ポイント返還保証もありますので安心です。

 

少し高いけど日本で購入したい方におすすめなのが
ゴルフダイジェストオンラインです↓↓

タイトリスト917シリーズの詳細はこちら

おすすめの理由は、
現在キャンペーン中で通常販売価格より10%OFF。
加えて、GDOゴルフ場予約に使える2,000円クーポンと
GDOゴルフショップで使える3,000円クーポンがプレゼント。
さらに、合わなかったら、9割ポイント保証です。

 

917D試打評価

D2は、構えてみると
投影面積が非常に大きく安心感があります。
恐らく、915D2と比較しても
かなり大きく見えるのではないでしょうか。

 

D3は、440?ですが、
かなり締まって見えますね。

 

打ってみた感じとしては、
見た目の印象そのままで、
D2の方がかなりミスへの許容度が高いです。
弾道も高めでヘッドスピードがそれほど速くなくても
球が上がってくれるし、スピンも程よく効いています。
D3は、かなりハードです。
弾道は低めで、スピン量も少ないです。

 

打感と打球音は、
913、915と比較して
かなり渋い音になりました。
しっかりとフェースに食いついて乗る感覚がありますね。

 

 

 

917D使用プロ

すでに日本人プロもテストを開始していますが、
いち早く実践デビューさせたのは
松村道央プロ。
方向性は相変わらず良く、飛距離が伸びている、そうです。

 

そのほか、川村昌弘プロやS・K・ホプロもテスト中です。